20140824 インマヌエル教会聖日2部


伝道者のまことの誇り
(Ⅱコリント11:22-33)

序論―福音(キリスト)―災い、サタン、地獄の背景
▶レムナントと海外から来たレムナントたちは、自分たちの現場に戻りました。また、重職者の方々は、多くの重要な集会を残しています。今日の2部のタイトルは伝道者のまことの誇りです。誇りというのは自分が好きなものを誇るでしょう。
▶皆さんが必ず覚えておかなければなりません。すべての宗教はお祈りします。皆しますよね。私たちが重要なことを知らないで祈るなら偶像崇拝と同じになります。福音を正しく知らなければなりません。福音を正しく知らずに祈ることは、偶像崇拝するのと同じです。それを知らないので、なぜ教会に通っているのに霊的な問題が来るのか、難しい目にあるのか、なぜ答えがないのかと言います。このキリストという単語を知ってこそ災いが崩れます。そうでなければ絶対に崩れません。皆さんがこの部分に対しての信仰が確実であるべきです。もっと重要なことは、キリストという単語にサタンが縛り上げられます。もっと重要なことは背景です。この3つを解決したのが大祭司、王、預言者です。ここに対して本当にそうだという答えを持っているのであれば、そのときからどのような答えが与えられるのか。
▶三位一体―みことば、御名、聖霊(力)―神の国(御座)
この時から、このようなことが始まります。三位一体の神様がどのように答えられますか。神様は霊であられるので目に見えず、みことばで働かれます。もちろん、キリストもみことばですけれども、神様はみことばで働かれます。そして、とうとうイエス•キリストの御名で祈るようになります。イエス•キリストの御名でなければ絶対災いは崩れないし、サタンも縛り上げられません。この時から、聖霊が働かれます。すごいことが起きるでしょう。この時から、このようなことが起きます。聖霊が働かれるというのは、ものすごい力が与えられるということです。これを私たちは三位一体と言います。では、この時からどんなことが起こりますか。皆さんが少しだけ祈れば聖霊の満たしが与えられます。少しだけ祈ると、すべてのサタンの勢力が皆さんの祈りゆえに縛り上げられます。少しだけ祈るとこの時から、天の御座の門を開いて、天使を送って、ご自身のみこころを成し遂げられます。これを指して神の国と言います。この祝福を持った人は後になって天国に行きますけれども、その前に現場に神の国、御座の祝福が現れます。必ず覚えておかなければなりません。これが福音そのままです。ですから、福音なしに祈ることは、偶像崇拝と同じです。「牧師先生、ある人が山に行ってお祈りしていると狂ったということです」。そうです。福音なしで祈るならば、偶像崇拝と同じです。ある人は、お祈りをしていたら賜物を受けたと言いますが、すべての宗教に賜物があります。だから、賜物運動が最もよく起きるのがニューエイジ運動ではないですか。
▶定刻―力
皆さんがこの奥義を知って、これから定刻祈りを始めます。皆さんが定刻祈りを、レムナントは今から必ずすべきです。一日に一回は必ず皆さんが力を受けるべきです。長老たちと勧士さん方は年を召されたので特にしなければなりません。忙しいので、ただ食事をして正常に生活しながらすればよいです。皆さんも本を読んでTVも見て食事を取ったりするでしょう。また、友人とも会って、学校にも行きます。明日起きたら職場生活もして事業もします。しかし、24時間の中で、この時間だけがありません。すると、皆さんが3年間の高校に通って卒業すると、未信者よりも力がありません。他のことをすべてしておいて、これだけしません。皆さんはこれをすることができるように神様が祝福されたのに、これをしないのでこれ(神の国)と合わなくなってしまっているのです。皆さんがこの祝福を受けるように再創造された者なのに定刻祈りをしないので、何かが未信者よりも難しいです。特に外国に留学に行く人達は、不思議に霊的な力がありません。すると、年をとればまったく力がなくて伝道運動ができない今の既成世代のようになります。私たちが大人たちを見てもどかしく思っているのに、皆さんも大きくなるとそのようになります。この小さなこと一つのゆえに。それで、レムナントは一人で霊的な力を得る時間を持ちなさい。分かりますね。大人たちは言うまでもなくレムナントたちは未来がありますので、必ずそのようにしなければなりません。
▶24時―現場
すると、24時祈りとは何でしょうか。この答えをすべて学業や事業の現場に移していくことです。この力を、教会で受けた力を皆さんが一人でいるときに現場に持っていくのです。この時から奇跡が起きます。
▶25時―神の力
この時から25時が起きるようになります。この時から、私の水準を抜け出した神様の力を見るようになります。
▶皆さん、これは絶対に忘れてはいけません。ある意味では、私が祈りをでたらめにしています。だから、答えが来ないのです。聖書66巻で最も重要な単語、キリスト。旧約聖書とは何でしょうか。イスラエルは、5回、6回災いにあいましたが、そのときごとに神様がキリストを送ると約束されました。これが旧約聖書です。新約聖書は何でしょうか。これからイスラエルは滅びる湯になるけれども、すでにキリストが来られた。それが聖書です。しかし、聖書の中で最も重要なことは抜いて、重要でないものばかり握っています。だから、教皇さんが来ていい話ばかりしました。福音だけは抜いて平和、和解、貧しい者、謙遜、小さな車に乗って警護されて...だから、警護費が3倍も