[ 2005.3.18 /産業宣教メッセージ/ソウル メイフィールドホテル/柳光洙牧師]


共同体と産業宣教(94) –役員のうつわと祝福
(使徒11:19)


@序論:本文のみことばを見れば極限の患難が起きました。ステパノを死刑させる極限のことが行われたのです。大きい患難の中で使命者が散るようになりました。その時、誕生した教会がアンテオケ教会です。本文のみことばは、すばらしい祝福のドアが開きます。この人たちは誰でしょうか。重要なことが分かる役員です。産業人、役員が、一番心配になるのが何でしょうか。いろいろあるでしょうが、多分、経済でしょう。ところで、神様はその部分を祝福されようとしています。世界福音化する最も重要なことが残っているから、心配するその部分を祝福されようとするのです。この人達のように、役員は必ず捕まえなければなりません。
(1)みことば:産業人は特にみことばを堅く捕まえなければなりません。初代教会の役員は、こういう特徴がありました。大きい患難の中で、みことばにどれくらい確信があったのか、そこでアンテオケ教会が始まったのです。役員はみことばをどのように捕まえるべきでしょうか。
①事実化  ②現場化  ③未来化
事実化、現場化、未来化するのが祈りです。
(2)みことばを捕まえて実践するようになれば、大きいみわざが起きます。
(3)証人:教会の証人にならなければなりません。講壇の説教も重要ですが、皆さんを通した証拠がすばらしい力があるのです。アンテオケ教会の役員を見ましょう。本当にすごいのです。その大きい困難の中で、こういう祝福を得ました。

1.牧師のうつわは時代を生かすことを左右します。-使徒
初代教会の役員は、使徒に対してよく理解していました。揺れる必要がなかったのです。時代時代ごとに、伝道者が起きる時は、間違いありません。皆さんも恵みを受けたのですが、牧師も、この時代に大きい恵みを受けました。いったい初代教会の役員が、どんなみことばを捕まえたのでしょうか。
(1)創世記14:14-20アブラハムが戦争で勝って戻ってきました。ここで考えなかった特異なことが起きたのです。おいが捕虜なったので訪ねてきました。ソドム王に勝ったのです。どれくらい祝福を受けたのか、しもべが318人もいました。それも重要ですが、この時、アブラハムが‘メルギセデク’に十分の一献金を出したという記録が出てきます。この程度は、アブラハムがどのように暮らしていたのか知ることができます。単純な信仰生活をしたのではなく、大祭司長メルギセデクが誰なのか知って、十分の一献金を出したのです。アブラハムが勝利するしかありません。一番重要なのが、単純に理解して手助けしろということではなく、皆さんの教会の牧師を一番よく理解しなければならないのです。神様の契約の立場で見れば良いのです。初代教会の役員が、使徒を一番よく理解しました。使徒が捕えられて散らされた時、役員が教会をたてました。
(2)I列王19:1-20,Ⅱ列王2:1-11,Ⅱ列王6:8-23エリヤ、エリシャ時代にもそうでした。この時、成功、失敗が分れます。失敗するのは、よく知らなくいので、よく知っていた人は成功しました。エリヤが指名手配を受けた時、エリシャがついて行きました。とても重要なのは、オバデヤのような人がエリヤの味方をしました。アハブ王の下で養われていた長官です。その人が、エリヤ、エリシャを認めていたということは、とても重要です。
(3)マタイ16:16,使徒2:4-21,使徒4:12,使徒12:1-25初代教会ペテロがしたメッセージがのせられています。ペテロは単純に、魚を捕る漁師でなく、神様の重要な契約がペテロを通して起きたのです。‘あなたは生ける神の御子キリストです’という告白を一番最初にしました。マルコのタラッパンに働きが起きた時にも、ヨエル2章を話したのもペテロで、法廷に立った時‘世界中でこの御名の他に救われるべき名前は与えられていない’という話をしました。またペテロが監獄に閉じ込められた時、ヘロデ王が死にました。
(4)使徒9:1-15,使徒11:25-26,使徒13:1-3,使徒19:21パウロです。初代教会の役員が使徒を認めていました。
▲こういう意味で見た時、タラッパンの主のしもべをどんな目で見なければならないのか分かるでしょう。ある人々は狭く見ます。どれだけ働きが起きて、メッセージをどれだけ上手にするかだけを見るのです。私たちは、広い意味で見なければなりません。私たちは集会に行けば、重要な常任委員がみな参加します。行く皆さんもそうで、多くの役員が、使徒を正しく知らなければなりません。全く揺れませんでした。その時できたのがアンテオケ教会です。神様の最も重要な祝福がこの時、起きました。

2.役員のうつわと祝福は教会復興を左右します。-役員
初代教会の