[2006年4月8日/産業宣教メッセージ/ソウル メイフィールドホテル/柳光洙牧師]


共同体と産業宣教(97) –役員の殉教精神
(使徒7:54-60)


@序論:使徒7:54節を見れば‘人々はこれを聞いて、はらわたが煮え返る思いで、ステパノに向かって歯ぎしりした。’と言われています。ステパノは死ぬと思いながらも福音を確かに伝えました。事実は、ステパノを死刑させることなのかどうか裁判する現場です。ところで、ステパノが福音だけ話したのでなく、一段階跳び越えて話したのです。今までイスラエルが福音を受けなかった。むしろ福音を持った預言者をいつも迫害したという話をしたのです。言わば攻撃したのです。この人達がこの話しを聞いて歯ぎしりしたと言われています。だから死んだのです。これは、ステパノが覚悟したのです。55節を見れば‘しかし、聖霊に満たされていたステパノは、天を見つめ、神の栄光と、神の右に立っておられるイエスとを見て、’と言われています。それと共に言われているのが‘天が開けて、人の子が神の右に立っておられるのが見えます’と言われています。このようにステパノは殉教したのです。
* 殉教精神:ここで私たちは皆死ななければならないのではなく、聖書で話している殉教精神を記憶しなければならないのです。先に殉教という時、いくつか前提になることがあります。初代教会はほとんど100%殉教しました。
(1)価値発見:最も重要なのは、この人たちがみな殉教したのです。この福音を通して死んだら死ねる程の価値を発見したのです。
(2)神様の恵み:今日みことばを見ると、死ぬ瞬間に聖霊が充満したと言われています。簡単に話せば、神様が恐れないで死ねる恵みをくださったのです。死ぬ段階になれば表に現れます。死も恐れないだけでなく、ステパノは聖霊が充満しました。これは、神様がくださった大きい恵みです。
(3)結果:ところで一度死ぬ人間に殉教は大きい結果をもたらしました。皆さんは産業人で役員なので、聖書にある殉教精神を見なければなりません。

1.最後-開始一番重要なのは、教権を持った人は殺して迫害することが最後だと思っています。免職させれば終わりだと思うのです。しかし、これが福音を持った人には開始です。これが差です。各宗教で断食することは最高の人たちがすることですが、福音を持った人には基礎です。それで、教権を持った人々が終わらせたと思ったのですが、これが実際に開始です。
(1)迫害:迫害を通して本当に正しく始めるのです。私がどのようにすれば利益を得るかという水準ではありません。
①初代教会:この迫害の中で始まったのが初代教会です。この人達は命をかけて始めました。これは負けん気ではなくて価値を発見したのです。
②唯一性:そして、世界中で救われるべき名としては、どのような名もくださったことはないと言いました。この唯一性をペテロが話したのです。
③法:使徒8枚を見るので教権を持った人々が法を持って迫害しました。幸いに、今はこのようにできないのですが、昔の宗教人は、国家的に法を持って迫害したのです。今回も新聞にも出ていました。イスラムの人が、改宗して捕えられて死刑宣告を受けました。しかし、初めてイスラム国家法で釈放しました。これくらい、法を持って迫害すれば難しくなるのです。
④組:そして完全に迫害する組をつくって本格的に迫害したのです。その中の長がパウロでした。使徒9章の事件です。
⑤文化:使徒17章を見ると、他の宗教、他の人、他の文化を利用して迫害しました。使徒17章を見れば、ならず者を動員することもしました。
⑥宗教:また他の宗教で迫害し始めたのです。宗教が威嚇を受けるので、一つになるのではなく、迫害し始めたのです。
(2)殉教:このような時、起きたのが殉教です。ステパノは、公式的な最初の殉教者です。聖職者でない、単なる一般信徒です。
①使徒9:1-15(証人):ここに現場にいた人の中で、パウロのような人がステパノが死ぬ時にいました。言わば証人で立ったのです。
②使徒11:19:これで終わると思ったのですが、これで立てられたのがアンテオケ教会です。だから、初代教会を防げませんでした。この役員が持った殉教精神は、全てをみな得るのです。

2.勝利:死ぬと思ったのですが、完全に勝利しました。
(1)教権:初代教会の役員が持っている信仰のために完全に教権が崩れました。
(2)暗闇の文化:死ぬと思ったのですが、暗闇の文化が完全に終わるのを見たのです。
(3)サタン:結局は、ユダヤと全世界の中にあるサタンが終わったのです。それで私たちは死ぬのが問題ではないのです。殉教するのは、すばらしい祝福です。

3.祝福:皆さんが知っているように、ステパノが殉教した以後、どんなことが起きたのでしょうか?
(1)