[ 2006年4月29日/産業宣教メッセージ/ソウル メイフィールドホテル/柳光洙牧師]


共同体と産業宣教(100) –役員の文化回復
(使徒2:43-47)


@序論:難しい人々が初代教会に集まりました。初代教会は貧しかったのですが、彼らは世界を支配しました。教会と宣教地域は、必ず3つのことが共同体にならなければなりません。
※共同体
(1)役員:タラッパンではこの部分を重く見ています。いつでも役員が生きてこそ、教会が生かされます。宣教地域でも、この部分に大いなる関心をおかなければなりません。
(2)産業宣教:役員と産業宣教が共同体になってこそ、宣教も正しくなされます。これから宣教大会を控えています。私が見るのには、今、教会は、世界宣教で最後になっていて、宣教もほとんど失敗をしています。福音もない上に、共同体もだめになっているのです。それで、私たちは遠くを見通してレムナントを育てて、産業宣教を作ったのです。
(3)Rt:それで皆さんが宣教地域を簡単に見ずに、こういう共同体がなされなければ、世界宣教はほとんど不可能になります。今、ほとんど宣教地域には宣教師1人の個人中心です。実際に、そちらには産業宣教、レムナントの組織が作られなければなりません。今、タラッパンでこういう戦略について付けてくれています。今、これにならなければ、直ちに統一教に勝つことができません。今現在、中国にだけでも統一教一つをキリスト教みな合わせたのがついて行けないのです。宣教師と皆さんが、目を大きく開かなければなりません。それで先ずは、産業宣教とレムナント組織を作るのです。そちらに役員を宣教師様が力を合わせて共同体だけ作られれば良いのです。それで、3つの皆さんが受ける祝福が備えられています。

1.人生回復
(1)創世記12:1-9神様がアブラハムにカルデヤを離れなさいと言われました。さっと見ればカルデヤを出るようでうが、神様が示される地に行きなさいということです。真の共同体を成し遂げなさいというみことばです。
(2)出エジプト3:16先に長老に話しなさいと言われました。パロ王に行く時、長老と一緒に行きなさいと言われたのです。
(3)ヨシュア3:1-3先につかさたちを立て起こせと言われました。それでは、皆さんが教会に帰ってしなければならないことが何か、すぐ知ることができるでしょう。つかさを立て起こして、陣中を通いながら話すようにしなさいと言われました。ヨルダンを渡る前に、契約の箱について行きなさいとつかさが通いながら話して通いなさいということです。役員を前面に出して、全体を立て起こすということです。必ず記憶しましょう。
* 建築:私たちの教会で最も難しく迫ってくるのが建築です。これが教会で最も難しく迫ってきます。必ず役員が率先して、すべての教会員が恵みを受けるように、答えを受けるように、組織を作っておかなければなりません。このようになる時、ヨルダンが分かれて、エリコが崩れるのは神様がなさるのです。牧会をできない牧師を見ると、このようなものなどを無視して押し通すのです。それでは、この人たちが、一つ一つ恵みを受けることができなくて、立ち上がれなければ、非常に大きい問題が起きます。この人たちが先に答えを受けて、神様のみこころを悟らなければならないのです。例をあげれば、RUTCを見れば、仕事をする人々が同じように話すことがあります。これは完全な神様の計画だということです。仕事をしながら感じたのです。建築系統で仕事をされる方達は、ご存知でしょう。道を作ることが難しいのです。しかし、町内の人々が率先して道を大きくしたのです。土地を買うのにも、明らかに神様がなさることが見えます。こういうものを先に役員が悟らなければならないのです。本当に、神様がともにおられるということを知るようにならなければなりません。私は釜山の長老に、このように話しました。教会員全員が恵みを受けて立ち上がるまで、絶対に建築をしないでくださいと言いました。それが長老がしなければならないことです。個人が答えを受けて、献金をよくするのも重要ですが、こういう役割をしなければならないのです。幸いに、その方たちが聖日の朝に集まって祈祷会をしています。単純な事をさせようとするのではありません。人生を回復させようとするのです。神様がアブラハムに引っ越しをしなさいと言われたのではありません。人生を回復させられたのです。私たちが建築をしようが、RUTCをしようが、この祝福を受けるべきなのですが、そうでなければ、負担を感じるのです。聖霊の働きと悪霊の働きがどれくらい正確でしょうか。私たちが勝ち抜くことができるでしょうか?
(4)エゼキエル3:18-20全体を生かすために、あなたを見張り人として立てたと言われたのです。みことばが成就で