[ 2006年6月3日/産業宣教メッセージ/ソウル メイフィールドホテル/金ドンゴン牧師]


共同体と産業宣教(105) -産業宣教師のモデルを作ろう
(ローマ16:25-27)


@序論:産業宣教師のモデルを作りなさい。今、福音の中に入っているので、多くの部分に私たちがモデルが出てこなければならないのではないかと思います。特に、教会だけにしても、福音を持った確実な伝道するモデル教会、モデル牧会とか、色々な部分が出てこなければなりません。私たちの産業宣教も同じです。今、10年間、メッセージを聞いたのですが、産業宣教もモデルが出てこなければなりません。こういう産業宣教のモデルとチームが形成される時になったのです。10年間、土台をよく敷いたのですが、専門モデルが出てきてこそ、レムナントもインターンシップができて、全体に影響を与えられるのです。私は、産業宣教会に参加して、私たちの教会の産業人を見ながら多くのことを感じます。教会の役員や産業人が、実際にさらに多く崩れていて、さらに多い傷があって、さまよっているということです。牧会を長くしてみたら、教会の中に産業をする人を見れば、正しく産業をする人がいないようでした。福音ではなかったので、熱心で、そして私が教会を通うので、神様が祝福しないだろうかと思う心でしたでしょう。今は、私たちが福音と訓練の中に入ったので、まちがいなく神様が奇跡のようなことをなさると考えます。ところで、問題は、簡単にはやくできないことです。
* 霊的部分-祈り(恵み)、福音、訓練:産業人に一番重要なのが、私は霊的な部分だと思います。もちろん、牧会とすべての部分でもそうでしょう。私が牧会を始めた時、祈りで準備しました。祈りながら、恵みを受けるので、そのように神様がともにされて、導かれることを分かることができました。ところで、率直に、聖霊充満を受ければ、事実的信仰も来て、神様の導き、働きをみな感じられます。
* 産業:韓国教会の産業する方たちが、仕事をする人が、ほとんど福音が確実でなくて、恵みを受けて神様がともにされるレベルで事業をしています。他の見方をすれば、産業人が産業がうまくいくために神様に祈って、神様の恵みを受けるレベルなのです。ところで、産業人が産業現場が忙しいので、祈りもうまくできないでしょう。そして、人々の考えが肉体的だから、産業だけうまくいけば良いと思うのです。役員と産業人が、礼拝や祈りとか神様の恵みが重要なことでなく、産業が良くできるために世的に行くのです。ところで、逆になっているのです。祈りがうまくいけば産業になるようになっているので、産業がうまくいくために祈りを活用するレベルしかだめなのです。
* 自分-幸福:事実は、事業する前に産業人自身が崩れているのです。教会を見れば、ほとんど崩れた産業人がたくさんくるのですが、崩れたということは、事業にほとんど失敗した人々が多いということです。これが崩れれば、自分自身がどれくらい崩れているのでしょうか? 一緒です。不信仰と否定的な考えが一杯になっているのです。
* 家庭-エデン:産業が良くできるので、家庭がみな崩れているのです。韓国の現実で、事業を良くしてみようとするなら、事業に狂わないといけないので、それでは家庭がみな崩れているのです。私がこのように32年、牧会をしたのですが、初めに恵みの中で牧会をしたので、不思議に牧会ができたのです。ところで、恵みが持続していれば良いのに、恵みが持続できなければ、私自身が崩れているのです。その恵みを持って私の家庭を維持できなかったのです。家庭で多くの問題が発生するのです。だから、ただ恵み、神様を見上げて、主だけ頼る信仰にしたのですが、この程度で神様の答えと働きの中に入れば、自分自身、家庭、牧会が問題があってはならないのに、そうでもないのです。霊的専門家である私が、自分の霊的生活の、霊的問題の答えを知らずにいるということです。神様のしもべ、神様のしもべのいる家庭が幸せでないということは、通常の問題ではないのです。神様がともにおられたら、私の牧会がなるべきなのに、時々試みにあって教会が崩れるということが理解できないのです。このような形で、私の人生はそのまま牧会して行くという、ある方法で見れば、これ以上、希望がなかったのです。そのような私に、救い主が現れたのです。15年前、柳牧師に会って福音を聞きました。ヤンスリ修養館で福音を聞いた瞬間‘しまった’と思いました。初めての時間に、イエス・キリストの福音を聞いて、しまったと思ったのです。私は祈りと恵みが全部だと思ったのですが、誤っていたんだなあ。私は祈りが絶対的で、祈りが全部だと思っていました。ところで違ったのです。それで、柳先生のメッセージを聞くのに、最初のボタンを掛け間違えたことを分かったのです。キリストが全部なのに、それを知らなかったのです。それで3日間、泣きながらメッセージを聞きました。書斎で神様に言いました。これはやり過ぎではないですか? ゴミのような放蕩者が神様に会って、神様が良くて、神様だけながめて、思い通り生きようとしたのですが、やり過ぎではないですか? 聖霊がいつも悟りを与えて働かれたのに、少しだけイエスがキリストということと人生の問題の解決ということを悟るようにされたら、このように苦労をしなかったということです。それで、私の場合には、霊的生活に情念を持ったのです。本当に霊的生活だけうまくいけば幸せです。環境のためにくるのではありません。この事実が、恵みの中に入って聖霊充満すれば良いのです。ところで、祈りが持続できないのです。私もだめだから、聖徒もだめなのです。その時、私の胸の中に、私が祈りでこの恵みで結論をくださなかったが、福音で結論を下すと思って、真の福音を多く聞きました。私は他のものより福音をずっと聞いたのです。初期の柳先生の、ただイエス・キリストだけ、これをずっと聞いたのでした。チームの働きが出てきました。多くのタラッパンでチームの働きがあふれたのです。私は、それではなく、福音になればチームの働きになるようになっています。福音の価値が発見できなければ、チームの働きはだめになっているのです。それでも、私はチームの働きの訓練をおろそかにはしませんでした。これから私に事実として届く答えなので、訓練を粗雑にすることはありませんでした。まちがいなく、これが答えで来ることなので、チームの働きを分かっておかなければならないのです。そして、ミッションホームに行くので、働き人だけ育てれば良いとし、ミッションホームに傾いたのです。ミッションホームの時代になったのではなく、私が福音になれば働き人は立てられるのです。柳先生のメッセージが戦略的に行っても、常に福音に心を寄せました。17-8年牧会をしながら、福音に答えがなかったので、私の人生を福音にいのちをかけると、それでずっとテープを聞いたのです。テープの内容は全部、福音でした。7-8年聞いたら、たましいに根をおろして、私が何かをして祝福されたのではなく、この福音を聞くことがうれしいのです。この福音をずっと聞くの